生活再建プロジェクト・「プレシャス(Precious)」


資源を大事に使い環境にも配慮した
雇用創出プロジェクト














手仕事・つながり・自然と調和
優しさあるれる被災地支援商品



古い布地や着物の端布、余って毛糸などを使った小物や雑貨などの製品作りを通して、それぞれが働くよろこびを感じながら収入を得ることができるようにサポートします。

製品作りのスキル、材料の仕入れ、商品開発、販路など多方面にわたりサポートし、ゆくゆくはひとりひとりが起業家としても歩んで行けるようトータルに支援します。
現在は東松島のグリーンタウン矢本の集会所を拠点にプロジェクトを進めています。
まずは少人数の仲間やグループからスタートし、皆さんと一緒に協力しあい進めて行きます。そして、起業後も様々な相談が可能なサポート体制を構築します。

 女性の生活再建を支援し、内なる自信、明日への希望をつなぐプロジェクトがスタート

野田ディレクターのお話を熱心に聞くみなさん

◆商品紹介
家庭で眠っている糸や衣類、着物から生まれたハンドメイドのリサイクル・エコグッズ

 
◆プロジェクト詳細 
被災者の中から 現地チーフ1名、作業リーダー数名を募集。 
プロデューサーと現地チーフの相談のもと、詳細スケジュール作成、アイテムデザイン決定。
作業リーダー、メンバーに対し必要な講習を行い、アイテム制作作業の援助、管理を行う。
プロデューサーが販売ポータルの作成、販路の確保を行う。


◆スタッフ・求人情報
東松島周辺で編物の得意な方、コンピューターの得意な方、
立ち上げに関わっていただける熱意ある女性を募集しています。
このプロジェクトは生活の軸となる収入を得て、さらにビジネスとしても継続的な運営を目指したサポートもいたします。商品開発のデザイナー、起業経験者など 多方面にサポート。貴方が持っている前向きな気持ちで明るい未来を一緒に築いていきましょう!
 
東松島市・2012年1月


問い合わせ先 <Tokyo de Volunteer
ママンサポーターズ エグゼクティブディレクター
野田治美
 又は tokyo.de.volunteer@gmail.com
【プロフィール】
80年代世界が注目していた某DCブランドニットデザイナーとして入社後にチーフデザイナーとしてデイレクター活動が始まる。
カールラガーフェルドやロベルタカメリーノ、シャネルツイード製造社など様々な出会いや関わり、さらに世界30カ国ほどを旅した経験から辿り着いたエシカル思想。
その後独立後はフェアートレードやリメイクなどエコでお洒落な商品開発はじめマクロビオテックフードコンサルタント、ナチュラルスタイルな住空間の提案など活動範囲も広がる。
現在は自然豊かな南葉山で愛犬と暮らしながら2012年からは被災支援プロジェクト「ママンサポーターズ」のエグゼクティブデイレクターとして毎月現地を訪れている。







0 件のコメント:

コメントを投稿