2012/11/09

【ボラ案内】11月22日出発・23日 岩手県・大槌町ビューティボランティア

めっきり寒くなってきました。

11月の三連休の最初の日に三度目となります岩手県・大槌町に被災地ビューティボランティアに行きます。

被災地もきっと寒さが厳しくなってきていることと思いますが、多くの人で出かけて集会所を熱気ムンムンにしましょう!


今回もエスティローダーさんのスポンサーで向かいます。

日時: 出発 11月22日(木) 22:00 溜池山王駅上 
(15分前(午後9時45分)に集合してください。)←時間変更

集合: 山王パークタワー外堀通り沿い玄関・郵便ポストの近く

活動日: 11月23日(金) 09:00~14:00
活動内容: ヘア(カット、カラーあり)、メイク、マッサージ、写真撮影



参加希望者の方はこちらの申込みフォームに記入をお願いします。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dGFpUzZKejU1THFEMGFPQW8yRUNBcVE6MA#gid=0

それでは、たくさんの方のご参加をお待ちしております。








【ボラ案内】11/17(土) 福島の子どもたちとディズニーランドとフェイスペイント

みなさま

引率の方は閉め切りました。
フェイスペイントができるかた(特にメイクのスキルがなくてもだいじょうぶです)ぜひ参加お願いします!

福島の子どもたちとディズニーランドに行きませんか!
Would you like to go to Disney Land with children from Fukushima?


福島の子ども90人が来週土曜日ディズニーランドに来ます!
NPO 絆JAPANさんの企画で福島の子どもたちに1日思いっきり楽しんでもらいましょう。


そこで、
①子供たちへフェイスペイント
②園内での引率のボランティア
の募集をしています。

フェイスペイントのボランティアの方は早朝に入園前のこどもにフェイスペイントを終わらせたら終了です。園内に到着する前にフェイスペイントを施し、08:00または09:00入場~20:00現地解散です。



引率ボランティアは途中参加や途中離脱はできません。一日責任を持って引率お願いします。
今回のボランティアはTKdVを通してボランティア活動をしたことのある方に限らさせていただきます。定員はまだはっきりしていませんが、先着順とさせていただきます。

①フェイスペイントなどができる方
超早朝集合です。詳細はぎりぎりになります。

②引率ボランティア
現地 08:00または09:00集合
解散 20:00現地解散

①+② 両方でも募集しています。

入場料・交通費・飲食費は自己負担になります。

子供連れNGとさせて頂きます。

上記の条件で参加出来る方でお願い致します。

受付はこちらのフォーム
 https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dEJfNWlIX3pSd3hrMzdhZEs1UFd5OGc6MA#gid=0

よろしくお願いします!


2012/11/08

【活動報告】11月2日 都内ビューティボランティア ベビーのための訪問看護サービス ベビーノ利用者の会「グリーンピース」


11月2日のビューティーボランティアの活動報告させて頂きます。

今回は都内にある「グリーンピースの会」にビューティーボランティアにいきました。

フェイシャルマッサージ、メイクアップ、ヘアセットなど して最後にお子さんと記念撮影をしました。

20人ぐらいの方がいらっしゃって頂きました。フェイシャルマッサージ凄くうれしいという声が聞こえ。
普段育児で忙しくて、ゆっくりメイクやヘアセットに時間をかけられないとおっしゃっていて、メイク、ヘアセットしていく中で、みなさんとても美しく輝いていました。仕上がりを見て、笑顔でありがとうと言って喜んでくださいました。
お母さんのが手作りのかわいい写真立て。
今日の記念写真が飾られるのが、楽しみです。


お子さんのかわいい笑顔に触れ、お母さんたちの温かさと力強さに触れ、ヘアメイクで美しくキラキラ輝く姿を見ることができ、とても嬉しく楽しい時間になりました。

ビューティーボランティアに来て、帰る時には自分自身が元気と感動をもらっているなといつも感じます。
岩崎良子

ボランティアに参加してくださったみなさんありがとうございました。また、企画してくださった長谷川綿行の清宮様、ベビーノの皆様ありがとうございました。

来られたお母様方の中には、顔を洗うのがもったいない!という方もいらっしゃったようでうす。 また、こどもの退院後の私たちの大変さもそうですが、現在お子さんが入院中のお母さんたちは24時間病院で付き添いしている人がほとんどです。そういうお母さんたちにこのような企画をぜひしてあげてほしい!というお声もあったそうです。また、今後どういう活動ができるかの参考にさせていただきたいと思います。





2012/10/11

【ボラ案内】11月2日(金) 都内ビューティボランティア ベビーのための訪問看護サービス ベビーノ利用者の会「グリーンピース」でのボランティア



みなさんこんにちは


今回は都内での活動の案内です。
我々の被災地でのビューティボランティアを見て、東京でもというお話しをいただきました。


Bebeano ベビーノ今回は「グリーンピースの会」というベビーの訪問看護サービス ベビーノを利用するご家族の会にお声掛けをいただきました。

ベビーが訪問看護を必要とするママさんたちが集まる会で、医療ケアスタッフもいる中で、安心してきれいになっていただき、お子様と記念写真をとっていただきましょう!  という趣旨です。

ママさんやベビーと交流しながら、ステキな写真を完成させましょう!

ボランティアの詳細はこちらです。

日時: 11月2日(金) 9:30集合
     ボランティア開始 10:00 ~ 終了 12:00

場所: 和光堂株式会社 わこちゃん広場
    〒160-0023 新宿区西新宿5-25-11
     和光堂西新宿ビル 1階
    地下鉄 都営大江戸線「西新宿駅」 A1出口 右へ徒歩30秒わこちゃん広場
    http://www.wakodo.co.jp/info/hiroba/institution.html
    

申込み: いつものようにこちらのフォームに必要事項を記入下さい。


午前中のみのボランティアです。頑張っておいしい昼食食べましょう!
では、お申込みお待ちしています!!









2012/09/26

【活動報告】8月25日(土) 福島アニマルシェルターボランティア


みなさんこんにちは!
今回はアフロディーテの佐々井さん から福島シェルターボランティア活動報告をいただきました。
力作です。シェルターの実情などよくわかります。ぜひお読みください。

================================
活動報告が大変遅くなりまずはお詫び申し上げます。
去る825日(土)に、個人的にも5月より活動しておりましたが、私、佐々井が、今回はトーキョーでボランティアメンバーとして福島シェルターボランティアに参加させていただきました。当日早朝よりファンケルさんご提供の貸切バスにて福島第一・第二シェルターのボランティア活動に参加させていただいた内容をレポートいたします。

以前の活動報告(下記)にも、強くボランティア人員の必要性を要するということで今回は、ファンケルさんの方々が多く手を挙げて、活動参加してくださった。http://tkdv.blogspot.jp/2012/05/20110512.html
貸切バスということで、第一・第二シェルター2箇所に分担して行けたのはとても有難いと思った。
というのは、第一は飯野町というところで、第二の三春町から40から50分更に離れたところにあるため、個人的なボランティアではなかなか両方に参加するのは難しいからだ。

上記の活動報告は第一シェルター、こちらは里親が必要な子たち。
私は、個人参加で日帰りの為、場所がら前回2回とも第二シェルターの三春町だった。
こちらは、仮設住宅から解放されるのを待っている飼い主さんたちのペットたち。
なので、飼い主さんたちはいるけれど、いつ戻れるかもわからない、いわゆる先の見えない状況のペットたち。

私は、迷った末、前回からの流れで三春町に行かせてもらった。
この日は、8月という世間では夏休み月の最終の土曜日ともあり、各地からのボランティア希望も多く、結局20名近くとなり現地スタッフと併せると、26、7名位という多人数となった。
このことについてまず話せば、多すぎても少なすぎても、活動としては困る現状。
今回は、親しい友人たち2名との参加。同行したかったもう一人の友人は、人数制限で断られた。正直、多すぎるということはないと思うが、5時間、という決まった時間であることと同時に、現地スタッフさんとしても指示ができなくなるからだ。
しかしながら、平日は相変わらず人手がまったく足りないという。
この状況をまずはやはり克服しなければ、例の散歩の時間が足りない、をはじめ、その他のケア時間も短いままでも仕方ないのが現実だ。

今回は、バスが渋滞にあい、スタート時間より大幅に遅れてしまったため、午前中の大事な 犬舎の清掃 というのが終盤に近づき、中途半端になってしまうからと、そのまま休憩に入ることになった。
せっかく来たのに休んでいる時間も惜しいね・・・と申し訳ない気持ちになった。
ワンちゃんの散歩というありがたい仕事がメインになってしまったが、人手が多いということで、結局、活動時間は変わらないため、
1匹に2人が付いての散歩となった。
だから、少しゆっくりめに。。。
すると、状況がわかったかのように、生い茂る緑の中にモクモク、モクモク、どんどん行っちゃう子♪♪
気持ちいいなぁ。。。
よかった~!!
みんないつもより伸び伸びしていたように思える!
というのは、私としては、前回、5分という散歩時間の延長他、改善点を書面にて提出していたのだが、(多くの方が同じ意見)やはり、行政、ということもあり、さまざまな理由から、簡単に仕事内容を変更することができない、との回答だった。

ただ、最低限改善していただきたかったのは午後の一番暑い時間の散歩タイム。
13時~14時過ぎ・・・この猛暑の中、やっと外の空気に触れた彼らが、アスファルトの太陽が照りつけた地面を歩かなければならないのがやはり、不憫でしかたなかった。。。
でも、排便を5回もした子がいた!! 多くの子達は、室内でするのが嫌で我慢しており、出たとたん、廊下からもらしてしまう子も少なくない。
 
嬉しかった! 気持ち良さそうに。。。してい~い? してい~い?って!!






そして新たに敷地にはプレハブ小屋がいくつも増設されていた。。。
これは、今なお、原発近くで俳諧している動物たち(ここでは犬猫たち)を新たに捕獲し、ケアをするための小屋だという。
これには、また更に複雑な思い。
繁殖してしまった動物たち、人間になつかなくなってしまった動物たち、、、
野生で生きている彼らを、またこの先の見えない状況下、限られた空間で生かさなければならないという現実。。。
もちろん、食べ物や寝る場所、清潔と安全・・・それらを確保してもらえるという生命線を与えられるのであるから、ある意味シアワセとも言わなければならないのだが、現状、ほぼ自由のない暮らしを強いられている先住の動物たちを目の当たりにすると果たして、彼らにとって本当の幸せとは、いったいなんなのだろう・・・
と、またしても胸が張り裂けそうになったのも事実である。



でも、とにかく、いや、だからこそ、現地シェルター活動はし続けなければ・・・
更に人手は足りなくなるのだ!!

三春町が先に終わり、バスのお迎えを待って飯野町にある第一シェルターへ。
中には入れなかったが、第二シェルターとは違い、もともとあったシェルターということで
プレハブの大きな体育館のような場所だった。
 
そこには冷暖房完備で各自が快適に彼らのペースで暮らしていた、とケアをされたボランティアさんが説明してくれた
(上記リンクページ参照)



そんな中、7月に猫ちゃんが生まれたという。
ちっちゃな、ちっちゃな、命。。。
でも、大切な大切な命。。。
無理を言って、抱かせてもらった。
とても、あったかかった・・・
なんだか、可愛らしい横文字の名前が付けられていた。
そう、この子はもう里親さんが決まり、もらわれて行くらしい。
よかったね!!
そして、ありがとう。
いろんな意味で。。。

そうだ、三春町ではハナちゃんが前回も、そう今回も、覚えてくれていた。
最後に、また来るからね・・・と伝えた。
クぅ~ん、クぅ~ん、とペロペロ舐めてくれた。

ありがとう。。。  またすぐ会いに行きます。



そう、彼らには心と意志があるのです。
気持ちがあるのです・・・

10月にも、有志でも、どんな形でも行く予定で、継続する予定です。
ひとりでも多くのボランティアさんの参加を心より希望します。

今では、三春町の飼い主さんも、先の見えない復興予定に、泣く泣く彼らを手放す決意をした方々が現れ、
里親さんの募集は、飯野町に加え必須です。飯野町は今は里親さんが増え、30頭程度に減ったらしく、近い将来三春町に統合される予定だそうです。
======================================

ご報告ありがとうございました。
佐々井さんはプレシャスの活動もお手伝いいただいており、お店ではプレシャス製品を取り扱ってくださっています。
今後とも、よろしくお願いします。 

ちえ

2012/09/19

【ボラ・イベント案内】今週末 9/22 新横浜さわやか苑ビューティボランティア 9/23 東北支援プレシャスプロジェクト商品販売@千代田芸術祭

今週末のボランティア・イベントのお知らせです。

9月22日(土) ビューティボランティア

老人ホームさわやか苑(新横浜)
ビューティボランティアします。
まだ、参加可能ですのでふるって申し込んで下さい。
http://tkdv.blogspot.jp/2012/09/922.html
8:30菊名駅集合

9月22・23日(日)プレシャス商品 販売イベント 

@千代田芸術祭
http://fes.3331.jp/
http://www.3331.jp/access/ (末広町駅すぐ)

東松島の仮設住宅をベースに手作り仕事で生活再建を促進する、野田さんを中心に進めてもらっている
「プレシャスプロジェクト」で被災者の方々が手掛けた雑貨やファッショングッズを販売します。
http://test.precious-tohoku.com/ (テストサイトです、見てみて下さい。)
会場の屋上で開催されているマーケットにxChangeという古着の交換会と共に出店しております。
イベントを楽しんでいただいて、ぜひ「xChange+プレシャス」のブースにお立ちより下さい。
また、裂き編み用のテープ作りワークショップも開催します。
そこで作ったテープは東松島のみなさんが編んで
ステキなバッグなどに生まれ変わります。









2012/09/06

【ボラ案内】9/28深夜発-9/29仮設住宅壁面ペイント&ビューティボランティア in 石巻

満席受付終了 お申込みいただいた方ありがとうございました。
ヘア・メイクの方優先させていただきますので、ペイント希望の方を一部お断り(受付順)することになりました。申し訳ありません。

だんだんと涼しくなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

次回の日程が決まりました☆
7月のペイント&ビューティーボランティアに引き続き、NPO Happy Stepsさんとのコラボで、仮設住宅壁面のペイント作業&仮設住宅にお住まいの方々へのビューティーボランティアです。
今回はファンケルの社員さんの方々も同乗され、一緒に活動されます。

出発:  2012年9月28日(金)
横浜出発:10:30 横浜駅前 天理ビル前
東京出発:11:30 丸の内ビル 1階 東京駅側ロビー

活動日:2012年9月29日(土) (前日28日夜出発)
今回も東京から株式会社ファンケルさんの協賛により無料送迎バスが出ます。
(注:ペイントに午前、午後とも参加される方はペンキ代などの活動協力費 約5000円を徴収しまっす。午後、ペイントに参加される方は相応の負担をお願いします。)

7月のペイント&ビューティーボランティアの様子です↓


プロジェクトの詳細です。
集合・出発: 
横浜出発:10:30 横浜駅前 天理ビル前
東京出発:11:30 丸の内ビル 1階 東京駅側ロビー
石巻到着: 9月29日(土)7:00  
石巻到着後、ビューティーチームとペイントチームそれぞれの活動場所に別れます。
ペイントチーム: 8時より作業を開始し、13時〜14時くらいまで作業予定。
ビューティーチーム: ペイントチームとは別の仮設住宅にて9時〜11時で活動し、その後、ペイントチームの活動している仮設住宅へ向かいます。
石巻出発: 9月29日(土)15時頃
帰着予定日時: 9月29日(土)22時頃予定
帰着場所: 東京駅丸ビル前 9:30頃
        横浜天理ビル前 10:30頃

の予定です。
ぜひぜひご参加ください! 

申込みはこちらのフォームで どうぞ
 https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dEpZWDEyaUotcHF0Tjd3RVVBRWNUY3c6MA#gid=0

お申し込み頂く際には、お申し込みフォームの「行ないたい活動」のところで、
ビューティーボランティア(メイク、ヘアカット、ネイル、マッサージ、写真撮影、メイク中のお話し相手など)でのご参加か、ペイント作業でのご参加かお選び頂ければと思います。
(午前中はビューティーの参加で、午後はペイントもやってみたいという方はビューティーでのご参加ということで大丈夫です。)

よろしくお願いします。
ちえ

【ボラ案内】9月22日(土)新横浜 さわやか苑(特養老人ホーム)

みなさん、9月の祝日は敬老の日ですね。

毎年この季節に訪問させていただいている「新横浜さわやか苑」が今年も、9月22日に開催される恒例の「敬老祭」に招待してくれました。

今年も午前中はビューティボランティアをさせていただき、午後はそれぞれ出店や屋台でさわやかな残暑を楽しみたいと思います。

当日の詳細です。

日時: 9月22日(土) 菊名駅 08:30集合 (さわやか苑参のバスが迎えにきます。)
活動: 09:00~12:00

そのあとは屋台でそれぞれ楽しんでください。

もうし込みはこちらのフォームでお願いします。

では、また懐かしいお顔、新しいお顔、皆様がどうお過ごしか楽しみです。
みなさんの思い出話などをお聞きしながらボランティアさせていただきましょう。


TKdV 代表
ちえ

2012/08/06

【活動報告】7/14深夜発-7/15仮設住宅壁面ペイント&ビューティボランティア in 石巻

皆様、暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。先日の活動のボランティアコーディネートを担当した山岸君からの活動報告です。
遅くなりましたが、7月15日に行ないました宮城県石巻市の宮城県石巻市須江糠塚前団地仮設住宅でのビューティーボランティア&仮設住宅壁面ペイントプロジェクトのご報告です。

ビューティボランティアにさっそくお集まりいただきました。
今回のボランティアはこれまで続けてきたビューティーボランティアの他に、日本国内で廃棄される石鹸を発展途上国へ送り、途上国の公衆衛生の向上や、アートによる社会貢献をされているNPO「Happy Steps」さんとコラボさせて頂き、石巻市の仮設住宅の壁面のペイント作業もしました。

今回はペイント作業もあるため、天気の心配をながら向かいましたが、残念ながら当日朝から宮城県のほうでは雨。しかしながら、ペイントグループのみなさん落胆の色など見せる事もなく、少しばかりの雨ならへっちゃらだーいと、壁拭きなど今出来る事を協力して進められました。

ビューティーボランティアも集会所の中で活動させて頂きまして、8時に最初の方がいらっしゃり、その後はひっきりなしといった盛況ぶり。もはや集会所はメイクアップルームでもあり、美容室でもあり、ネイルサロンでもあり、住民の皆さんの団らんの場所でもあり、子供たちの騒ぐ場所といった状況。
全ての年代の女性が集ってしまうビューティの力
私も含め外にいたメンバーも歩いているご夫人、子供がいれば声掛けさせて頂きましたが、結果忙しくさせてしまったようならメイクアップチームの皆さん、この場を借りてごめんなさいです。

ペイントの出来上がりを共有するHappy Stepsの新井さ
さて、ペイント作業のほうは8時から始めましたが、9時半過ぎころより雨が強くなりまして、
一旦作業を中断し、休憩を取って頂きました。みなさん今回一緒に参加した他の方々とお話しされたり、住民の方と交流したり(おしるこ頂いた方も!)され、作業は中断しておりましたが、みなさんの顔には『いつやむかな。作業したいな』と、やる気に満ちた笑顔が溢れていたように思います。

その後、11時くらいに雨が弱まり、「雨がやんできたみたい」と聞けば、みなさんぞろぞろと屋外に出て来て、誰が指示するわけでもなく、率先して作業を再開されました。
また、みなさん自分が手があけば、誰に何を言われずとも自分から他の作業に協力されたり、「私はなにをしたらいいか」と聞かれておりました。


左がリカさん、右が尾形さん。似てますよね?

さて、メイクアップのほうでは副代表りかさんが子供たちにネイルを塗ってあげており、子供たちも、りかさんの指導に聞き入っていました。
子供たちも喜んで頂いたか、ホワイトボードにメイクアップボランティアの宣伝や、りかさん、尾形さんの似顔絵を描いていました。

メイクアップボランティアを行なった集会所は相変わらず人がいっぱい。

また、これまで同じ仮設住宅に住んでらしても、お話したことがなかった方同士が集会所などで一緒になり、「これから宜しくお願いしますね」とご挨拶をされていまして、今回のボランティアがお住まいの皆様の交流づくりに少しでもなれたのかなと思います。

その後、ペイント作業は雨が強くなったり弱くなったりといった状況でしたが作業を継続し、また、仮設住宅にお住まいの子供たちにも参加して頂き、中断などあったにも関わらず、参加者みなさんのおかげでほぼ目標通りの行程まで終えることが出来ました。
現在は「龍」の下絵を描いた段階ですが、今後「Happy Steps」さんを中心にプロジェクトを続け、花が描かれ色が塗られ、彩られていきます。

今回のボランティアでは、現地へ伺う前よりHappy Steps」さんのほうで、町会長の方や住民の方々とのプロジェクトの調整、話し合いをして頂き、結果本当に石巻のみなさんには笑顔で迎えて頂き、楽しんでくださり、それを受けてボランティアに伺った私たちも本当に楽しむことができたように思います。
集合写真を改めて見て、ボランティアとして伺った人たちも、被災され仮設住宅にお住まいの皆様も、どっちがどっちだかわからないくらい、みなさん楽しそうにされてます。
私自身は、ボランティアや支援をするにあたり、意識として支援を「される方」と支援を「する方」に分かれてしまうのは、あまり好ましくないように思っており、今回どっちがどっちということもなく、皆さんで楽しめたことは大変良かったのではないかなと思います。
現地を離れる際には、私たちがお菓子を頂いたり、集会所の片付けなども「私たちがやるので大丈夫ですよ」を声をかけて頂いたり、大人の皆さんも子供の皆さんもバスが見えなくなるまで手を振って頂き、そして「またお待ちしております」「また宜しくお願いします」と仰って頂きました。


被災地のほうではHappy Steps」さんがペイントボランティアを、「TKdV」さんはビューティーボランティアやプレシャスプロジェクトなど引き続き行なって参ります。
3つのプロジェクト全てに言えることですが、それぞれのプロジェクトの趣旨は違いながらも、「みなさんに(ボラ参加者の方も含めて)楽しんで頂く」ことのほかに「みなさんの交流のきっかけとなる」といったことも目的の1つかと思います。

それはひいてはコミュニティづくり、社会づくりになります。

現在、いじめや児童虐待などもそうですが、お話のできる友達がいたり、自身が楽しめる人の交流さえあればあんなことにならずに…といったことが至る所で見受けられます。

今回のボランティアだけでなく、参加されている皆様は自身がボランティアをした対象の方だけでなく、「社会づくり」として社会全体に対して素晴らしい貢献もされていることと思っております。

と書きましたが、これまでボランティアに参加されてきて今後も参加して頂く皆様も、また、これから初めて参加される皆様も、それぞれ思いが別々であっていいと思いますし、難しいこと考える必要もないかと思っています。私が何も考えておりませんので(^^;)

ということで今後とも引き続きぜひご参加頂ければと思っております!
宜しくお願いいたします!

2012/07/17

【ボラ案内】【受付終了】8月8日(水)深夜発、8月9日(木) 気仙沼ビューティボランティア

TKdVサポーターの皆様こんにちは、TKdV代表の小林千恵です。

日程が間違っていましたので再度確認下さい!

この夏はボランティアアクティビティ満載です!
ただし、この夏の被災地ビューティボランティアはこの8月9日(木)の活動で最後になります。

暑い夏、涼しい東北に復興支援旅行も兼ねてぜひボランティアにご参加ください。

さて、次回は8月8日(水)発、8月9日(木)の気仙沼ビューティボランティアです。
今回はスポンサーである、エスティローダーの社員の皆さんと一緒に活動します。

また、帰りには「復興マルシェ」やさかな市場に立ち寄っていく予定です。
たくさんお買いものして帰りましょう!



集合: 8月8日(水) 23:15 溜池山王駅 7番出口駅(地上) 
外堀通り沿い山王パークタワー玄関前ポスト付近
出発: 8月8日(水) 23:30 

ビューティボランティア活動場所: 
鹿折中学校仮設住宅 09:00~14:00(活動場所が複数になる可能性があります。)

その他: 復興マルシェ、さかなの駅など 物産・名産が購入できるところに立ち寄って帰ります。

東京到着: 8月9日(木)溜池山王駅解散 21:00頃

いつもどおり、参加ご希望の方はこの申し込みフォームを使って申し込んで下さい。
(多数のご参加申し込みをいただき今回の受付は終了しました。ありがとうございます!)

ではでは!たくさんの方の参加をお待ちしております!

昨年エスティローダーさんと気仙沼にいったときの写真です。
大賑わいでしたね!
Tokyo de Volunteer代表 小林千恵


【活動報告】東松島市 ママサポプロジェクト改め「プレシャス(Precious)」プロジェクト現地活動報告

東松島市で進めていた生活再建プロジェクトの名称を改め「プレシャス」プロジェクトとネーミングしました。

また、東松島で製作されている品々を「つぼみ」ブランドの商品と呼ぶことにしました。
ロゴも東松島で運営スタッフとして頑張っていただいている相澤さんと旦那さんの書策  決定しました。ぜひ皆さんでかわいがって育てて花開かせましょう!

さて、プレシャスプロジェクト エグゼクティブディレクター 野田さんとボランティアでプロジェクトのスタッフとして参加していただいている矢野さんからの活動報告です。
====================================

今月(2012年6月)はNHKの取材が有り現地へは隔週での活動となりました。
先月に引き続きアパレル出身矢野さんと服としあわせのシェアーxChangeで一緒に活動している北川さんが現地で一緒に活動をサポート!

初日は仙台駅アーケード東北復興プラザ「ろっけんパーク」で当団体の商品を販売していただいているので、デイスプレイに立寄仙台の商店街も視察。活気ある震災の影響をまったく感じない街並には複雑な思いも感じつつ、高速バスで矢本入りしました。
仙台から矢本の電車はまだ繋がっておらず、毎回の活動には自家用車が一番便利ですが時間もかかり今回は一人で現地入りからJRを利用、あっという間についた仙台は東北をいうより関東的イメージを感じた場所でもありました。

翌日の早朝にスタッフ2名が夜行バスで現地入り、そのまま活動は大変だったかと思いますが、二人ともパワー全開!頼もしいスタッフです。

今回は新たな商品の説明から素材選び








 他の部屋では資材の整理。

 さらに今回はビューテイーボランテイアが矢本で活動を行い、出来上がった作品を見ていただいていたところ会場にいらした仮設暮らしの方々がなんと購入してくださったのです!

とても嬉しい瞬間でした。
今後も幅広い方々に喜んで購入いただける商品を開発して行きたいと改め
実感しました。    > 野田治美


今回は、第二回目の現地活動、前回よりは少し緊張も和らいでの現地入りとなりました。
夜行バスと電車と代行バスの乗り継ぎで入り、途中少しですが被害の状況を目にする所があり身の締まる思いになりました。
矢本仮設住宅に着きすぐに活動開始、そしていつものように、進行状況の報告、確認、検品、試作作業、修正作業など、やることは満載で、あっという間の2日間でした。

ミーティングするなかで今回は、お互いに意見を出し合いながら考え、作業することが多かったように思います。「1人で判断せず、チェックし合いながら作り上げていく」ことが品質の良い製品作りにつながっていくのだろうと思っています。
  
また、今回の活動では、前回以上に、ママさん達とのコミュニケーションが出来「継続して来ていただけるということが、ずいぶん励みになるんです」と。

出来ることは少ないかもしれないと、最初はそう思って活動に参加しましたが、来てみて、触れてみないと分からないもの、事が沢山ありますね。 今後は、作ることに加え、この活動、商品を広く知っていただき、ご購入につなげていかねばなりません。出来ることをやっていきます!矢野 裕子